准学校心理士と公認心理師との関わり

目的 新しい制度である准学校心理士と,国資格として新設された公認心理師との関わりから学校心理士のアイデンティティを明確にし,今後の学校心理士の将来展望を考える
期日(日程) 2018年2月25日(日) 14:00-16:30
テーマ 学校心理士のアイデンティティ ―准学校心理士と公認心理師との関わりで―
講師  大野精一(星槎大学大学院教育実践研究科 教授・研究科長)

会場 星槎大学大学院(横浜情報文化センター)
  神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター5階
  電話 045-212-3830
  横浜駅からみなとみらい線日本大通り駅下車出口3番
参加費等 会場の関係で,募集70名で参加費500円。
  ただしメディアによる自宅等からの参加は,募集24名で参加費無料
  (今回試験的に実施するもので,zoomを利用しインターネット環境にあるPC等で全国の自宅や職場等からの参加が可能ですが,ソフト容量等の限界があります)
学校心理士更新ポイント Aポイント1点(予定)
参加受付 1月9日から1月24日までにメール(メールタイトルは「2月25日横浜研修会申込」として下さい)で事務局(office@gakkoushinrishi.jp)に参加の希望申請をして下さい。
 会場参加及びメディア参加とも先着順に参加決定させていただきます。その際,以下をご記入下さい。
  1.氏名
  2.学校心理士登録番号(SV・補含)
  3.住所(受講証送付先)
  4.所属支部
  5.連絡先電話番号
  6.会場参加・zoomによるメディア参加の別

 ※受講決定通知はメールでお送りします。

その他 メディアによる参加の場合,自宅や職場等で無料の受講が可能ですが,Wi-Fi接続等のインターネット環境やソフト導入等いくつかの必要条件があります。
また今回は試験的に実施するもので,事前準備(受講手順書等でお示しします)や当日準備(当日開始30分前の13時30分から受講可能かどうか最終チェック等)が完了して受講できるものです。
こうした準備が整わない場合には受講することが不可能であることをご承知おき下さい。
また,受講後に,受講されたことの証として受講中に講師から任意の時刻に二回指示される4桁の数字を記した感想コメント(書式自由)をメールで事務局(office@gakkoushinrishi.jp)にお送りいただくことが受講証を郵送する条件となります。