日本学校心理士会2018年度大会について

 

3月18日の研修会にご参加いただきありがとうございます。
おかげさまで大盛況でした。心から御礼申し上げます。

 

つきましては研修会前にISPA2018TOKYOについてご案内いたしましたが,
料金体系につきましてご質問がありましたので、補足説明をさせていただきます。

 

ISPA2018TOKYOでは、英語プログラムと日本プログラムの2つが同時に開催されます。 
参加費等を含めた詳細につきましては、それぞれのHPに記載されておりますのでご確認をよろしくお願いいたします。

 

大会に先立って、25日にプレカンファレンスが開催されます。
 *25日のプレカンファレンスは別料金です。

 

英語プログラム(7/26日〜28日)の3日間
昼食代(3日間)、ISPAの開会行事(25日)・閉会行事(28日)の食事付
(日本語プログラムの情報交換会へも参加希望の場合には当日、情報交換会料金をお支払いください。)

 

日本語プログラム(7/27日〜28日)の2日間
昼食代等はついておりません。日本語プログラムの情報交換会もこれまでのように別料金です。 
 *日本学校心理士会、日本学校心理学会が運営
  日本語プログラムは、これまでの学校心理士会大会、学校心理学会大会のイメージです。

 

世界中の方々と触れ合える機会です。
どうぞふるってご参加のほど,よろしくお願いいたします。
心からお待ちしております。

 

(学校心理士会東京支部長  田村 節子)

 

日程:2018年7月25日〜28日
会場:東京成徳大学

 

英語プログラム

 

日本語プログラム

 


 

学校心理士第四ブロック会

日時:5月26日土曜日 18時〜
場所:蒲田駅 消費者生活センター第四集会所
URL:
https://www.city.ota.tokyo.jp/smph/shisetsu/seikatsu_center/index.html

 

内容は情報交換と、研究テーマ設定になります。
大変お忙しい中とは思いますが、どうぞよろしくお願いします。

研修会情報

日本学校メンタルヘルス学会第22回大会

 

大会テーマ:課外活動と学校メンタルヘルス

 

会期:2018年9月1日(土),2日(日)

 

会場:早稲田大学国際会議場(東京都新宿区)

 

大会長:堀正士(早稲田大学)

 

URL:http://square.umin.ac.jp/jjasmh22waseda/index.html

 

主なプログラム:

 

・大会長講演「教員のメンタルヘルス支援」(堀正士,早稲田大学)

 

・教育講演「思春期におけるスポーツ・部活動とこころの病」(黒川淳一,犬山病院)

 

・特別講演「チーム学校で促進する学校メンタルヘルス〜学校心理学の立場から〜」(石隈利紀,東京成徳大学)

 

・シンポジウム1「運動部活動における適切な指導」

 

・シンポジウム2「課外活動の過去・現在・未来」

 

学校心理士資格更新ポイント:2日間で合計3P(A)取得予定

 

問い合わせ先:日本学校メンタルヘルス学会第22回大会事務局

 

       jjasmh22waseda@gmail.com